フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« コープランド | トップページ | 目が痛い »

2016年9月26日 (月)

演技

先日見ていた動画で声優さんってすごいなと思ったものがあります。


三人共地声は低めで、ある意味男性的ですらあるのですが、演技が始まった瞬間、可愛らしい声になったのです。こういうのを見ると声優だけでなく、演技をする役者さんというのは本当にすごいですね。ある意味、自分ではない人間になりきってみせるのが演技なのかなとも思います。

ここまで本人と切り替えることができることはすごいことですが、役者さんの中にはどんな役であっても自分を投影する人もいるそうです。その役者さんそのものなのでその人以外には絶対できない演技ということですね。これはこれで演技であると言えそうです。

どちらが優れているというわけではなく、どちらもすごい「演技力」なのではないでしょうか。そもそも「演技力」も定義が難しいところですが。

こうなると受けてである私たちの評価軸次第ということにもなりますね。人によって上手な演技というのは基準が変わります。

ただ、ふと思ったのですが、私たち受け手は「役者」と「役」を同一視しすぎないようにしなければいけないのではないでしょうか。

ヤクザ映画で何度も出演していたのだから、役者本人もあんな感じでガラが悪いのだろうとか、清楚な役をしていたのだから普段からそうなのだろうと決めつけて、そこから少しでも外れると、自分の思っていたのと違うと言ってしまうのは怖いことです。

イメージというものは自分の中だけのものだと私は考えています。周りの多くの人といっしょだと思っていたら、大まかには同じでも思った以上にずれというものはあるのではないでしょうか。ですから、自分が思っているだけなら良いですがそれを他人にも強要するのは、自分にとっても周りにとっても不幸なことになりかねません。

私も気をつけたいものです。

それではごきげんよう。

« コープランド | トップページ | 目が痛い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/67678568

この記事へのトラックバック一覧です: 演技:

« コープランド | トップページ | 目が痛い »