フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 「知識詰め込み」からつらつらと | トップページ | ゲームの評価 »

2016年10月 4日 (火)

自慢できること

私は自分好きな人間ですが、人に自慢できることは本当に少ないですね。

数少ない自慢できることの一つは、中学時代勉強ができたことです。

このおかげでなんとか今、塾の仕事をすることが出来ていると言っていいでしょう。

今思えば私の中学時代は定期テストは簡単だったように思います。ときおり同年代の人や年配の人が30歳代前半から20歳代の人を「ゆとり」といって、下に見ることがあります。しかし、学習する知識量はともかく、テストで問われる内容は実は私の世代は簡単だったのではと最近感じます。

実際、テストの内容は教科書をすべてきちんと理解していれば100点が簡単に取れる問題だったように思います。記憶にある限り一番低い点数が5科目で472点だったので。

だから問題内容を考えると、私の成績ももしかしたらそんな自慢することではないのかもしれませんね。

それに私は高校に入ってから、ガタガタと成績が下がりました。理由は簡単で要求された演習をサボりまくったからです。ですから私の経験から言えば、勉強の質というのはまず一定の量をきちんとこなせる人が考えるべきものではないかと感じています。

気をつけるべきは量の見積もりでしょう。中高生に自己判断をさせると、ここが甘くなるか、必要以上に厳しくするかで極端になることが多いです。しっかり見たうえで適正な量を与えることができればよいのですが、なかなか難しいですね。

私の場合は少し甘くなりがちです。ついついこれは無理だろう、という判断をしがちなのですね。しかし、成長のためにはもう一歩必要ですから、背伸びが必要です。ここをまた研究して生徒にしっかり還元しなければなりません。まだまだですね。

こうして書いていると自分の自慢できることを思いっきり潰してますね。何をやっているのやら。もっとも過去の自慢ですから、これから先にまた新しく自慢できることを作っていかないといけませんね。

それではごきげんよう。

« 「知識詰め込み」からつらつらと | トップページ | ゲームの評価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/67799030

この記事へのトラックバック一覧です: 自慢できること:

« 「知識詰め込み」からつらつらと | トップページ | ゲームの評価 »