フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 石川県総合模試ゼミ | トップページ | 石川県総合模試平均点 »

2016年10月10日 (月)

タブレットやスマートフォンの与え方

タブレットやスマートフォンはとても便利なものです。ただ、これを何歳ぐらいで与えるのが良いかというのは、非常に難しい。

極論与えないというのも一つの考え方でしょう。また、一定のノルマをこなすことができたら、一定時間与える、それ以外は親が回収というのも良いかもしれません。

本来であれば、使うべきときは使い、そうでないときは使わないということを徹底できればよいのですが、大人でさえできていないのですから、目の前のことに夢中になりやすい児童、生徒にはもっと難しいものです。

個人的には、ひとまずLINEなどのメッセンジャーアプリをどうにか保護者などが監視できるようになればよいのではとも思います。しかし、それはセキュリティの問題が大きいですからおそらく不可能でしょう。

ゲームなども、本来は時間を守ってするということを徹底したいものですが、私自身いつの間にか長時間やっていたという過去があります。ゲームはもともと没入してできること、現実の時間を感じさせないように作ることが、より売れるための技法の一つだと思いますので、これをなくせというのも、どうにも良くないですね。

私の子ども時代はこれがマンガやテレビだけでしたが、テレビゲーム、インターネット、メッセンジャーアプリなど選択がどんどん広がっていた結果、保護者や指導者だけではどうにもコントロール出来ないところまで来ているのかもしれません。

ですから、どうにか便利に使い倒す方向へ持っていったほうが不要なストレスも感じなくなるのではないでしょうか。少なくともiOSアプリには思っている以上に便利な学習用アプリが揃っています。

また、インターネット閲覧のブラウザや、YouTubeなどの動画アプリは履歴が残るので、こまめに履歴をチェックし、否定するのではなく、保護者の側からの意見を率直に伝えてみても良いかもしれません。

動画などはどこが面白いのかを聞いていて、説明させてみても良いかもしれませんね。おそらく語彙が少ないと、「超」とか「神」とか、擬音をやたら使うかもしれません。そこで「それではわからないので、擬音使わずに説明してみて」など、誘導してみるのも一つの手ですね。どんなふうに「神」なのか、おそらく説明できる人は少ないでしょう。そんなところから人に説明する力をつけていけると良いのではないでしょうか。

いずれにしても単純に取り上げるたり、規制したりするだけでは、昔の禁酒法ではないですが、より目の届かないところへ逃げるだけです。否定はせず、問いかけるほうが効果的ではないでしょうか。

それではごきげんよう。

« 石川県総合模試ゼミ | トップページ | 石川県総合模試平均点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/67894854

この記事へのトラックバック一覧です: タブレットやスマートフォンの与え方:

« 石川県総合模試ゼミ | トップページ | 石川県総合模試平均点 »