フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« ドビュッシー:管弦楽のための映像 | トップページ | 音を聞くツール »

2016年11月 2日 (水)

気象衛星ひまわり

気象衛星ひまわり9号の打ち上げ成功のニュースを見ました。

H-IIAロケット31号機による 静止気象衛星「ひまわり9号」(Himawari-9)の 打上げ結果について

これを見て昔見たこの動画を思い出しました。


下の本の内容をアイドルマスターのキャラクターを使って再現した、紙芝居動画です。

私はこの動画を見るまで、ひまわり5号が耐用年数を超えて運用されていたことを知りませんでした。

私の世代ですと気象衛星ひまわりといえばこの形ではないでしょうか。
「気象衛星ひまわり」の画像検索結果

今のものはこんな感じらしいです。
「気象衛星ひまわり」の画像検索結果

最初の動画は擬人化されて、かつかなりわかりやすく噛み砕かれているので、宇宙開発の話のきっかけとして見てみるのもありではないでしょうか。ニコニコ動画のアカウントが必要ですが。

個人的に今回調べてみて一番ビックリしたのが、ひまわり8号9号の機体としての正式名称です。どちらもHimawari-8、Himawari-9となっています。ひまわりはあくまで愛称で、機体名は5号までがGMS、6号以降がMTSATとシリーズ名がついていたのですが、機体名そのものが「ひまわり」になったのですね。なんだか妙に感慨深いです。

しかしH-IIAロケットの打ち上げ実績を見ていたら、今回で31機目なのですが、そこまでで失敗は1回のみ、前身のH-IIロケットの7回中2回と合わせても3回だけ、うち1回は衛星自体はちゃんと上がっているというキチガイじみた記録です。

北朝鮮のミサイルのニュースを見たらわかりますが、宇宙までロケットを打ち上げるというのは、とんでもない技術です。そしてロケット打ち上げ事業、というか宇宙開発事業はどうしても自分たちの利益に直結して見えないため、予算が削減されがちです。

しかし、今回のひまわりに限らずGPSなど私たちが当たり前のように使っている機能に関連しているのです。

人間って面白いもので成功が続くと「それが当たり前だから、お金をかけなくてもできるよね」という考えになりがちです。身の回りだけでなく、少し遠いところもきちんと見てみませんか。

ものづくり重視と言いつつ、結局は目先で儲かるものしか見ていない感じもします。そうしたら全部だめになるのではないでしょうか。生徒からこういった方向に進んでくれる人が出てくれることを、少しだけ期待しています。

それではごきげんよう。

« ドビュッシー:管弦楽のための映像 | トップページ | 音を聞くツール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/68227361

この記事へのトラックバック一覧です: 気象衛星ひまわり:

« ドビュッシー:管弦楽のための映像 | トップページ | 音を聞くツール »