フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« なぜ理系? | トップページ | クラウドサービス »

2016年11月21日 (月)

読む力

AIに東大受験させるプロジェクトを以前少しだけ、紹介したことがあります。

今年の報告会の記事でいくつか気になることがありました。

「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力

まず、AIに論理的な思考をさせるには、膨大な文章のデータが必要であり、このためにプロジェクト内容の選択と集中を行う必要が出てきたため、東大合格は断念したそうです。

AIは計算や暗記によるデータの参照はできるのですが、上記の理由から問題文の意味を理解できず、論理的な解答を導き出すための思考ができないのだそうです。

こう考えると、人間の脳のシステムというのは本当にすごいものですね。

その一方で、プロジェクトの責任者が懸念していたのが、その問題文の意味がわかっていないAIよりも、点数が低い生徒の割合が高いことでした。

実際、実験として問題文の中に解答が含まれている問題を解かせたところ、一定の割合で答えられない生徒が出たそうです。

つまりAIが苦手なことは中高生も苦手であり、AIが得意なことは中高生も得意ということだそうです。

ということはAIと学生の得意分野が丸かぶりしているのであれば、コスト面からAIに移行していくのは容易に予想できます。

AIが得意な仕事は、データを参照し繰り返し対応する場合や莫大なデータから最適なものを選択することだそうです。逆に、一回ごとに対応を変化させなくてはいけないような仕事は向いていないとのこと。ここから、以前見た記事では窓口業務などはなかなかAIに置き換えられないという話でした。

それに関してコミュニケーション能力があれば大丈夫と勘違いする人もいそうですが、私個人は学力の差が大きすぎると、コミュニケーションそのものが成立しないと考えています。話の前提となる知識量に差がありすぎると、相手の言っていることがわからなくなるからと考えています。

計算や暗記はできて当然と考えましょう。その上で、文章の内容をしっかり理解し、それを伝えるということが、ますます重要になってきます。かくいう私も決して読解力が高いとは言えません。それでも、ベースとなる知識がある程度しっかり入っているからこそ、文章の内容を理解することができるのです。

基本の知識をしっかり押さえておけば、読解力を身につけるのは比較的楽だと考えます。記事でも言っていましたが、マニュアルを用意してもマニュアルが読めないのでは意味がないでしょう。読書も大事ですが、新聞などのきちんとルールに則った整理された文章を読み、その内容を話し合うということは大事なのではないでしょうか。

こういったところをしっかり指導したいところです。まだまだ上手くは行きませんが、研究して実践していかないといけませんね。

それではごきげんよう。

« なぜ理系? | トップページ | クラウドサービス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/68528662

この記事へのトラックバック一覧です: 読む力:

« なぜ理系? | トップページ | クラウドサービス »