フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 古典を楽しむ | トップページ | 日常についてなんとなく »

2016年12月 3日 (土)

答えは1つ、道は無限

ふと思ったのですが、勉強に対して「答えが1つしかないから学校の勉強はダメなんだ」と言う意見があったように思います。

しかし、よく考えてみるとたしかにたどり着く答えは1つでないと、テストなどは採点に困ってしまいますが、途中の考え方は1つとは限りませんよね。

数学の証明など、使うべき定義、定理は決められていますが、その順番や書き方は一言一句決められているのでしょうか。

今日も角度の計算問題をやっていたのですが、やり方はたくさん思いつきます。遠回りでも良いならば、かなり思い付くのではないでしょうか。

なんとなくですが、答えのない問題がもてはやされ、その方向へと大学受験などは舵を切っているようです。

もちろんすべて答えの用意されている状態がいつもあるとは限りません。ですから、社会で生きていく上でそういった、自分の外に理由を求めるのではなく、自分の中から理由を求めて、それを表に出していくのは大事だと思います。

ただ、なんだかそういった形にこだわりすぎて、形だけ答えのない問題が作られているのかもしれないと、ふと感じたのです。

同時に、たしかに知識偏重の教育は問題があるのかもしれませんが、本来知識はまずあってしかるべき、というよりも必要な知識がすでに習得済みであることを前提に、そういった論理的思考の教育はおこなわれるものではないでしょうか。

なんだか、普通の勉強をないがしろにして話をとらえている人が世間に一定数いるような気がします。

芸術性と技術を両輪として音楽が語られるのと同様に、知識と論理も対立事項ではなく並列かつ互いに影響し合うものでしょう。

普通の勉強でも答えが用意されているからダメなんて考え方はおかしいはず。でもそういった意見を目にしたり耳にしたりしたこともあったので、なんとなく考えてみました。

たどり着くところが一つに見えても、そのやり方、通り道は無限にあるものだと思います。安易な否定をしないよう気をつけたいものです。

それではごきげんよう。

« 古典を楽しむ | トップページ | 日常についてなんとなく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/68697088

この記事へのトラックバック一覧です: 答えは1つ、道は無限:

« 古典を楽しむ | トップページ | 日常についてなんとなく »