フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 答えは1つ、道は無限 | トップページ | 誤字脱字 »

2016年12月 4日 (日)

日常についてなんとなく

今日は模試の試験監督をしてきました。

いつも人数が少なかったのですが、今回はそこそこ人数が集まっていて、結構緊迫感がありましたね。ただ、人数が少なく回数を重ねている生徒の中には顔見知りになってきた生徒もいて、そういった生徒は緊張感が薄れているかもしれないなと感じました。

前回から間がそれほど空いていないにも関わらず、初受験の生徒が増えたのは、やはり地域統一テストでちょっと焦ってきたのかなと思います。

奥能登地区の統一テストは金沢や七尾に比べるとかなり簡単です。さらに言えば入試の形式にすらあっていません。数学や英語などは特にその傾向が強いのですが、おそらく生徒の学力を学校の先生方がかなり厳しく見積もっているためでしょう。

実際、今回模試を受験した生徒はその難易度に打ちのめされていました。でもそれが入試の難易度だよと伝えると、結構焦っていましたね。

さすがに模試の会場で自塾を宣伝はできませんが、まだまだ底上げをできる時期です。冬期講習からでも良いのでぜひ来てほしいところです。

どこの高校も定員割れを起こしている能登地区では、受験勉強なんて意味が無いと言う生徒もいるでしょう。しかし、高校に入るためだけに中学生は勉強しているのでしょうか。

なぜ受験という競争がいるかと言えば、私は競争と選別がなければ、知識を得て使いこなすための下地が作れないからではないか、と最近は思ってきています。

あまりにも差が大きい生徒同士を同じ学習環境に入れても、勉強できない生徒は勉強できる生徒の能力を生まれつきのものとしてしまって諦めますし、勉強できる生徒にとっては勉強できない生徒が足をひっぱっているように感じてしまうかもしれません。

最近のライトノベルは主人公が生まれつき強かったり、なんでもできたりするものが多いと言われています。実際にはそれほど比率は高くないと思うのですが。しかし、そう感じる人が多いということはそういった作品が人気があるということなのでしょう。

努力よりも生まれつきの能力に感情移入できるということは、努力がしたくないから無意識に自分の諦めの理由を欲しがっているのかもしれませんね。

私もそれほど努力をできるタイプの人間ではありませんが、それでもやりたいことがあるときはそれなりに努力するものです。努力したくないということは、自分のしたいことが日常の今が続いてほしいということだけで終わっているということかもしれません。まぁ、自分もそんな感じで引きこもりになりかかったこともありますから、気持ちはわからないでもありません。でも、日常を続けるというのは、実はとんでもない努力が必要だと今は考えています。

平穏な日常は停止ではなく、ゆったりとした人生の動きです。ゆったりした動きはスピード感のあるものよりも力が意外にいるものです。私はその力の一つに学力もあると信じています。私自身もまだまだ足りていませんが、生徒たちとより多く、深く、広く、学力を培っていかなければなりませんね。

それではごきげんよう。

« 答えは1つ、道は無限 | トップページ | 誤字脱字 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/68710164

この記事へのトラックバック一覧です: 日常についてなんとなく:

« 答えは1つ、道は無限 | トップページ | 誤字脱字 »