フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« エゴサーチ | トップページ | 曖昧なもの »

2017年3月30日 (木)

Blu-ray鑑賞

今日はお休みをいただいていたので,部分的にしか見ていなかったBlu-rayを通しで見ました。



まだオーディオコメンタリーや映像特典ディスクはまだ通して見ていないので,とんでもないボリュームです。いやぁ,疲れました。

アイドルマスターは,ゲームはPSPである程度やっていました。CDシリーズやライブにまではなかなか手が伸びなかったのですが,順調に沼が増えています。

最大のきっかけは,やはり10周年ライブのBlu-rayを購入したことでしょう。


初回の限定生産品はなくなりましたが,ばら売りのものはまだ生産販売しているようです。

初期からの765プロAS+,携帯ゲームの中での成功事例の一つであるシンデレラガールズ,そしてゲーム以上にライブや音源での展開が大きいミリオンライブの3チームが一緒にライブを行う。それだけでもすごいものでしたが「みんなまとめてアイドルマスター」なんて言葉もあるように,各チーム単独のライブではそれぞれの特色がよく出ているにもかかわらず,3チーム合同の時は「アイドルマスター」というコンテンツの塊として見えるのが面白いです。

今日見ていたミリオンライブに関しては,私がソーシャルゲームをやっていないためキャラクターをそれほど把握していないからかもしれませんが,キャラクターの個性よりも楽曲の力の方が強く感じたように思います。ある意味知らない人には一番お勧めしやすいかもしれません。すごくいい意味でオタクっぽくないと思います。曲もなんだか一般的なポップスに近いところがあるように感じます。

それに対してシンデレラガールズの方はキャラクター性がとても強い。


良くも悪くもオタク的な記号にあふれたキャラクターが多いためかライブと言うよりは,演劇的な要素が多いようです。以前どこかで見た記事に演出家がそういう意図を持っているという内容が書いてあったような気がします。

ミリオンライブに関しては先日4周年ライブがあったのですが,日本武道館で3日間にわたる大規模なものだったそうです。

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!

上の曲はミリオンライブの最初の曲であり,代表曲のようなものです。この曲の歌詞に

みんなでつくったの
遅くまで残って
手作りの「ぶどーかん」

というものがあります。

よく「言えばかなう」なんて声優さんたちは言っていましたが,それを実現していくスタッフの力量や情熱が本当にすごい。

実際には世の中の多くは,必ずしも努力が報われるとは限りません。ですが,最初から諦めていると100%うまくはいきません。努力は無駄ではないと言うことの一つの象徴として,これからもこのコンテンツを応援していこうと思います。

それではごきげんよう。

« エゴサーチ | トップページ | 曖昧なもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70102592

この記事へのトラックバック一覧です: Blu-ray鑑賞:

« エゴサーチ | トップページ | 曖昧なもの »