フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 違う視点 | トップページ | 弦楽四重奏 »

2017年3月 4日 (土)

勉強もいろいろ

今日は午前から昼過ぎにかけて七尾校,その後穴水校の勤務でした。

午前中の中3生は,公立入試の過去問演習を中心にやりました。学校でやったので二回目になる生徒もいるので得点は大分高くなりますが,それでも満点にはなかなかならないものですね。うっかりミスは同じことをしないようにまた直してチェックです。

国語など記述の多い問題は採点にかなり悩みますね。泉丘くらいだと答えと違っていれば,はねてしまっても良いのですが,七尾高校や鹿西高校くらいだと中間点がそれなりにありそうで,どのあたりまで認めるべきかというのは,外から見る人間としては基準が難しいです。

午後からの穴水校はテスト勉強対策ですが,先日も思ったことですがなぜ提出物をテスト時に集中させるのでしょう。一部の生徒は提出物を終わらせるのに必死で,「テストのための勉強」ができなくなっているようにも思います。

定期テストはきちんとやることで理解度を測り,先の内容へ行く前の最終確認になるものではないかと思います。ですからしっかり準備をすることで,曖昧だったことをもう一度復習し,理解を深める非常に良い機会です。そこが提出物だけでただの作業になってしまっては,あまりにももったいないと思います。

しかし,学校現場だと多くの課題を出すことは,やはり必要なことなのでしょうか。

外から見ていると,このあたりは生徒の気持ちと先生方の思いに少しズレがあるようにも思います。

宿題等に関しては,普段あまり大量に出すとパンクするというのはあるのかもしれません。しかし,私個人の考え方としては,いつもテスト前に大量にやっているワークなどは日常の復習としてもっと宿題に出して,テスト前は少なくとも2回目になるようにできたら良いだろうと思います。

ただ,これは学校現場を知らない人間の意見ですから,それがやりたくてもできないという可能性もあります。実際どうなのでしょうね。

生徒に言ったことですが,先生を嫌うのは性格の問題などもありしょうがないのではと思います。ただ,先生方を下に見ることだけはしないようにと伝えました。少なくとも勉強に関しては,相当の天才でもない限り先生方の方が上だと思います。学校の先生は無条件ではありませんが,尊敬されるべき人間だと私は思います。

学校の先生方をしっかり立てることで,生徒たち自身によりよい教育がまわってくるように感じています。先生方は学ぼうとする意欲や雰囲気を出していけば,より素晴らしい授業を返してくれるはずです。そのためには先生方に要求するばかりでなく,生徒たちや保護者,そして地域住民である私たちが,先生方への尊敬の念をしっかり持つべきではないでしょうか。

先生方に対するネガティブな見方をするのは簡単なことです。ですが,その見方が回り回って自分たちの方に帰ってくるものだと思います。

ですから,先生方への尊敬の念は忘れずに,その上で自分たちの要望を伝えていくべきではないかと思いました。

塾は別に学校の敵ではありません。変な言い方かもしれませんが,自分たちだけですべてやろうとせず,塾も利用してくれても良いのですよと学校の先生方には伝えたいですね。

難しいところですが,これも私の目指す方向性の一つかもしれません。改めて考えていきたいところです。

それではごきげんよう。

« 違う視点 | トップページ | 弦楽四重奏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/69809700

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強もいろいろ:

« 違う視点 | トップページ | 弦楽四重奏 »