フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« そういえばもう1年 | トップページ | 涅槃交響曲もう一度 »

2017年3月23日 (木)

わかりやすさも諸刃の剣

今の社会は,基本的にわかりやすいものでなければ評価してもらえない傾向があると思います。

かくいう私もウェブサイトの作りや,ゲームの操作系などはわかりやすいものでないと,どうにも落ち着きません。

クラシック音楽では一時期の「ゲンダイオンガク」への反動でしょうか,あまりにもわかりやす「すぎる」音楽が人気となりましたが,近年はそこから揺り戻してバランスをとる感じの作品が増えているようにも思えます。手法としては「わかりにくい」ものを利用しているのですが,最初の印象はとても「わかりやすい」ものに感じられるというのがあるように思います。

このあたり勉強でもある種のせめぎ合いがあるように思います。

学校の先生方や私のような塾講師は,ついわかりやすい授業を目指してしまいます。しかし,それが必ずしも生徒の成績アップにつながるとは限りません。わかりにくいものに自分で挑戦してみるのも必要でしょう。

近年よく言われる読解力不足は,挑戦しないことも一つの原因ではないでしょうか。つまり,自分のわかる範囲の文章しか読まない。そして,少しでもわからないものがあるとその文章自体を拒否してしまうのかもしれません。

このあたりは実は2014年の明治大学の入試問題でなかなか面白い文章があったので,この問題はできるだけ解いてもらうようにしています。もっとも問題は解けても,文章の内容に理解が及ぶかどうかは人によるかもしれませんが。

そもそも,評論のような文章を読むことが苦手な生徒が多いですね。やはりわかりにくいのでしょう。しかし,そのわかりにくさを超えるととても「面白い」のです。

よく考えると大学ではそういった文章を自分で書かなくてはいけないのですから,読めないと愚痴を言っている場合ではないような気もしてきました。

とりあえずわかりにくいと言わずに,まずは読んでみるのが良いとは思うのですが,今の忙しい生徒たちにはなかなか難しいですね。

わかりにくいものに挑戦する以外にも,単純に日常的に新聞などの文章を読む癖をつけるだけでもだいぶ違うと思います。新聞の文章は意外とわかりやすいですよ。そのためのトレーニングを積んだ記者さんたちが書いていますから。内容に共感するかどうかはまた別の話です。

いずれにせよ,論理的な文章というのは今の社会では逃れがたいものでもあります。高校生には国語の演習を用意していますので,ぜひやりましょう。

それではごきげんよう。

« そういえばもう1年 | トップページ | 涅槃交響曲もう一度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70025066

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすさも諸刃の剣:

« そういえばもう1年 | トップページ | 涅槃交響曲もう一度 »