フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 久々に吹奏楽 | トップページ | チャイコフスキー »

2017年4月 9日 (日)

ラベルライター

昔はラベルを作ると言えば,テプラが一番多かったように思います。もっとも調べてみてびっくりしたのが,あれ意外と高価なんですね。

最近はPCやスマートフォンで使えるタイプのものも増えてきて,なかなか便利です。

私個人はカシオのメモプリというシリーズを愛用しています。最初に買ったのがこちら。


結構便利に使っていましたが,私の使い方だとPCからしか印刷しないことに気づいて次からこのタイプにしました。


ラベルシールが専用のものなので少々割高ではあります。また粘着力も強くありません。ある程度継続して使うものには向かないでしょう。特にクリアファイルの背表紙などには向きません。しかし,紙のファイルなどには非常に向いています。また,引き出しや棚の名前など時々に応じて変えたいものに関しては,逆に粘着力が弱いからこそ貼り替えが非常に簡単です。

添削用の引き出しなど,以前は付属のシールやホームセンターのラベルシールなどを利用していたのですが,1年も貼っていると剥がした後が汚いこと。灯油や洗剤を使いまくって糊を剥がすのが大変でした。

そこまで恒久的なものは仕事でもプライベートでも使わない気がするので,これで結構なんとかなっています。今は,Wi-Fiを利用してスマートフォンやタブレット,PCからと複数の接続ができるタイプもあるようなので,こちらがお勧めです。


固定しておいてPCを使わないのであれば,一番上のMEP-T10が良いでしょう。タッチペンで,液晶画面に書いたものをそのまま印刷できます。

今,他の機種で少し気になるのはBrotherのP-TOUCH CUBEです。

ブラザー工業 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

完全にスマートフォンに特化したもののようで高さもiPhoneと同じくらいしかないようです。やはりテープカートリッジが高額で割高なのが難点ですね。ただ,メモプリよりも粘着性が高いようなので,使い分けはできるかもしれません。スマートフォンアプリの出来次第でしょうか。

テプラとどっちが良いのでしょうね。さすがに買って試すには高額すぎますからねぇ。

Brotherはプリンター分野では,比較的安価なモノクロレーザーとビジネスインクジェットでシェアを持っている印象です。カラーレーザーはあまり評判を聞きませんね。エキゼミでもBrotherのモノクロレーザーは大活躍です。互換品のトナーやドラムを利用したら,精度はともかくコストはかなり抑えられると思います。本体も比較的安価なのでお勧めですよ。

それではごきげんよう。

« 久々に吹奏楽 | トップページ | チャイコフスキー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70207918

この記事へのトラックバック一覧です: ラベルライター:

« 久々に吹奏楽 | トップページ | チャイコフスキー »