フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 1学期中間テスト | トップページ | 今日の気になったニュース »

2017年5月29日 (月)

テスト勉強会で少し感じたこと

さてさて輪島のテスト勉強会ですが,1,2年生は提出物が終わっている生徒も多く,明日は国語と社会という比較的対応しやすい科目だったこともあり,社会のeトレをたくさんやってもらいました。

国語は直前で何かやるような科目ではありませんから,しっかりワークをやって見直すと学校のテストであれば大丈夫です。

3年生は,さすがに量が多くなんとか提出物を終わらせた感じですね。本当はもう一度解き直しをして欲しいのですが,余裕がないようでこのあたりは私ももっと前から意識させられたのにと反省です。

それでも提出物はしっかり出した方が良いと思っています。通知簿の点数は確実に提出物を出した方が上がるはずですから。

いわゆる内申書は,石川県の場合そこまで重要視されてはいませんが,泉丘や小松といったハイレベルの学校では,ギリギリのラインでこの点数で逆転現象が起きることがあるそうです。

2,3点の範囲だと思いますが,点数低い生徒が受かって,高い方が落ちたなんてこともあるという噂を聞きますね。

石川県の場合は中1から全て評価されて送られます。もちろん3年になってから取り返しはできますが,中1の1学期のもっとも簡単なテストで点が取れないと,そこからは基本的に下降線になりやすいので,中1は最初から全力で行きましょう。場合によっては満点だって狙えます。

この場合気をつけたいのは,字の書き方です。

今日も何人かいましたが,「早く書けば良いんでしょ」といわんばかりに書き殴ってくるのを見ると,怒るよりも心配になります。

絶対にそんなのどうでも良いと思っているはずです。答えが合っていればそれでいいじゃないかとも思っているでしょう。

ですが,人間は論理だけでは成立しない生き物です。汚い字を見た先生に解読を要求するような生徒の印象は確実に悪くなります。

それだけでなく,雑な書き方は自分の間違いさえも誘発します。

数学で書き殴っていて,いつの間にかマイナスが消えたり数字が変わったりなんてことはしょっちゅうです。

そして,それは普段から意識していないと絶対にできません。テストの時はできるなんていうのは甘く見すぎなのです。

別にコンピューターのようにかけらのズレも傾きもない字を書いて欲しいわけではありません。テストは自分の学習成果を先生に見てもらうためのものだということを,意識しなくてはいけません。自分さえわかれば良いという書き方ではなく,人に読んでもらうことを常に意識していかないといけませんね。

明日もここを重点的に話していかないといけません。注意していきます。

それではごきげんよう。

« 1学期中間テスト | トップページ | 今日の気になったニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70710145

この記事へのトラックバック一覧です: テスト勉強会で少し感じたこと:

« 1学期中間テスト | トップページ | 今日の気になったニュース »