フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 甥っ子襲来 | トップページ | YouTube巡り »

2017年5月 4日 (木)

勉強と家族と

今日の夕方に妹一家が帰っていきましたが,午後には「宿題をやりなさい」と甥っ子たちが怒られていました。

以前妹も言っていたのですが,実は私たち兄弟は「宿題をやりなさい」と言われた記憶がありません。

これに関して理由はいくつか考えられます。

まず1つは,今の子どもたちほど宿題の量が多くなかったのではということです。

一番上の私の世代は,最初に学習要項の改訂で増加一辺倒だった学習内容が減らされた世代のはずです。そこから妹の世代までは少しずつ減っていったはずですから,今の学生ほど家庭学習の量が多くなかったのではないかと考えました。

次に,私たち兄弟はもっともやんちゃだった弟でさえも,世間一般で言えば「よい子」だったのではないかと思います。もちろん両親の苦労は多かったと思いますし,自分の学生時代を振り返ると,こんなことを言うのは恥ずかしくなる思いはあるのですが,それでも成績も比較的良く,学校全体に広がるような大きな問題は起こしていなかったと考えます。少なくとも親の言うことを,むすっとした顔をしていても受け入れられた部類でしょう。私などは成人してからの方が迷惑をかけています。

そして両親がそういった苦労や問題を,比較的ポジティブに解消できるタイプだったのかもしれません。父親は仕事の関係上,普段は家にいませんでしたが,いざというときの怖さと厳しさは今でもはっきり思い出せます。また,母は怒ったときは大変怖かったのですが,普段はそれほど理不尽に怒るタイプではありませんでした。その上でやりたいことをやってみろと言える余裕が,精神的にも経済的にもあったのです。そういう意味でうちの両親はすごいですね。

ですから,私は胸をはって両親を誇りに思えますし,同時に自分のふがいなさも感じてしまいます。

私個人の経験から考えると,私は一般的なようでそうではない家庭環境だったようにも思えます。ですから,怒られている甥っ子たちに勉強でのアドバイスはできても,それ以外はなかなかできませんね。

そうなると塾講師としては,経験則ではなく学術研究のデータからもっと考察をしていく必要があるのではとも感じます。私はデータを読むことが非常に苦手なので,また訓練していかないといけませんね。

ただ,私自身は高校大学で落ちこぼれましたが,勉強の内容自体はそれほど嫌いではなかったのだなぁと最近は感じています。

あれほど苦手だった数列も少しだけわかってきました。問題を解いた経験が少ないので添削などはできませんが,最初の話を一緒にチャート式などを見ながらすることはできそうです。

いずれにしても塾は助けることはできますが,基本の学習環境は家庭です。怒りたくなるときはたくさんあるでしょうし,それを全てやめてくださいとも思いません。でも,大変だなと思ったら,塾を利用してください。勉強に関して怒るのは塾に任せていただいても大丈夫です。家庭では勉強に関してはもっと褒めてあげた方が良いかもしれませんね。苦手でも一緒に勉強して苦労してみるのも良いかもしれません。

これはあくまで一案です。生徒の性格で少しずつ変わるでしょうから,またご相談いただければ,手助けはできるかと思います。一緒に頑張りましょう。

それではごきげんよう。

« 甥っ子襲来 | トップページ | YouTube巡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70467540

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強と家族と:

« 甥っ子襲来 | トップページ | YouTube巡り »