フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« ちょっと気になった記事 | トップページ | 北陸学院高校・中学説明会 »

2017年6月14日 (水)

SNSの広告

Twitterで誰かがリツイートしていたものが,なんとなく自分的に腑に落ちたのでリンクしてみます。

仕事のやり方を個人芸に頼っているというのは,なんとなく自分の中でしっくりきたのです。

これ自体は悪いことではないと思います。ただ,集団の力と思っていたものが,実は一部の人の力の割合が高く,その人たちに負担をかけてしまうことで成立しているのではないでしょうか。そして,それらの個人の力を,自分の力のように勘違いしてしまうことが多いのかもしれません。私などは,個人能力が低いですから典型的な「虎の威を借る狐」と化しやすいので,ちょっと注意して意識しておかないといけないと,自戒しました。

他にもこんなものもありました。

これは私の場合「テクノロジー」を「エンターテインメント・コンテンツ」に置き換えて見るとすごくスッと自分の中に入ってきました。さらに言えば「存在した」「発明された」の部分を,「自分が初めて接した」に置き換えると,よりしっくりきます。

年を取ると受け入れにくいものが増えるということなのでしょうが,私の場合テクノロジーに関しては今でも新しいものに飛びつくタイプですので,これは当てはまりません。

しかし,小説やマンガ,アニメといったオタクコンテンツだけでなく,一般的なドラマや映画,ポピュラー音楽などに関しては,過去の蓄積が多いためでしょうか,徐々に初見で受け入れられるものが減りつつあるように感じます。

どこかで見た話では,人間が自分の年齢の上下10年くらいの社会の文化であれば理解しやすいが,それより離れると理解しづらいという説もあるようです。

Twitterは基本的に見るだけで,Facebookの投稿をリンクしているだけなのですが,たまに見るとこういうものに出会うのが面白いです。

Twitterの良さはやはり短い文で投稿できることなのでしょう。そのため端的な言葉が一人歩きしやすいという側面もありますが,こういった短くまとめられた鋭い意見が見られるのが良いところだとも思います。

Facebookはなんとなく文章だけの投稿がしにくい印象があるのです。しかし,実名が基本であるため,安心してタイムラインを追いかけられる気がしますね。

私の場合Twitterはアニメやゲームの公式アカウントや,声優さんや漫画家,小説家をフォローしているので,量も多く流れがすごい早いので,もう全てを追うことは諦めています。

ただ,塾の場合どちらも口コミ的な広告効果を得ることはできるのではないでしょうか。

Facebookでは広告機能がありますが,自分でやったときにわかりにくいと感じてしまいました。設定を上手くしたら比較的安価ですし効果が上がりそうなのですが。

生徒は実名中心のFacebookにはあまりいないので,広告のターゲット層にするのであれば,保護者や祖父母の世代のタイムラインに出るように設定した方が良さそうです,

Twitterの広告機能は使ったことがないので,よくわかりませんが生徒世代の利用率が高そうなので,そこにハマると強そうです。ということは高校生以上がターゲットにしやすいですかね。中学生はスマートフォンを持っている率が石川県では低そうなので。

LINEが実は一番よくわかりません。

トークの機能以外,私は使ったことがないからなのですが,タイムラインってどれくらい見られているんでしょうね。トークは完全にグループ内だけのものですから,外から広告を出すことはできないので,広告はタイムラインに出るはずです。しかし,私はタイムラインを一切見ないのでどれくらい効果があるのかわからないのです。

さて,エキゼミの場合はどれが一番効果的なのでしょう。また,試していきたいですね。

それではごきげんよう。

« ちょっと気になった記事 | トップページ | 北陸学院高校・中学説明会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/70864065

この記事へのトラックバック一覧です: SNSの広告:

« ちょっと気になった記事 | トップページ | 北陸学院高校・中学説明会 »