フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« ちょっと気になったニュース | トップページ | 一つの技術の終わり »

2017年7月26日 (水)

アイマスCD到着

予約していたCDが到着したのですが,CD1枚に対してえらいでかい箱で来たなと思ったら,おまけでレコードサイズのジャケットイラストがついていました。それでもでかすぎるとは思いましたが。

6月末に配信されたゲーム,アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズのテーマ曲を中心としたシングルです。

400x400bb

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 01 Brand New Theater!

1. Brand New Theater!

上記のゲームのテーマソングです。

ゲームの方は音ゲーは比較的難易度が低いので,私でもそこそこクリアできています。

難易度調整はだいたい押さえる玉(ノーツと言います)の数が増えることで上がっていくのですが,「絶対無理」と言いたくなるような難易度ではないのがありがたいですね。

この曲に関しては一番難易度の高いMillion Mix でもなんとかフルコンボできました。

ゲーム中のこの曲に関しては,ぱっと見わからないけどとんでもない技術がいくつかあります。

スマートフォンゲームのリズムゲームは,こういった3Dのキャラクターを複数踊らせる場合,ほぼ一列でほとんど同じ動きをさせていたのですが,個別にバラバラに動いていることです。

また,この曲に関しては52人のキャラクターの歌が収録されていることを利用して,選択したキャラクターの歌声でしっかり歌いわけされています。

そんな程度と思うかもしれませんが,制限の多いスマートフォンでこれを実現して見せたのはすごいことだと思います。正直MVだけ見ていたら,これがスマートフォンでできるというのは思えないでしょう。

作曲されたのはバンダイナムコのサウンドチームの一員でもある佐藤貴文さんという方なのですが,調べてみるとミリオンライブの全員曲は今のところ全て担当されているようです。

どの曲も非常にキャッチーで,良い意味で尖った部分の少ない印象です。すごく完成度が高いと感じます。ゲームの歌だという先入観なしに聞いたら,そうだとはわからないかもしれませんね。

2. Dreaming!

これも佐藤貴文さんの曲ですね。西武ドームでおこなわれたアイマス10周年ライブで初披露された曲です。その翌年のライブツアーではオープニングを飾るテーマソング的な役割をはたしていました。

まだゲームには実装されていませんが,これも歌いわけがされるのかと楽しみです。

3. インヴィンシブル・ジャスティス


こちらは4周年記念のPVの劇中劇で使用されたものです。

ミリオンライブはイベントの内容が妙にぶっ飛んだものが多かったようで,劇中劇が異様に気合いが入っていました。

ヒーローものの流れをくんだかっこいい曲です。

どの曲も,上で書いたようにいわゆるアニソンだということを事前に知らされなければ,そうとは気づかないのではないでしょうか。

それくらい楽曲の普遍性が高いのがミリオンライブ特徴かなと思います。ある程度キャラクターがわかってくると,それぞれの楽曲がキャラクターの特徴を強く反映したものだとわかるのも面白いですね。

それではごきげんよう。
ぜひ偏見を捨てて楽曲を楽しんでもらえれば嬉しいです。

« ちょっと気になったニュース | トップページ | 一つの技術の終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/71241687

この記事へのトラックバック一覧です: アイマスCD到着:

« ちょっと気になったニュース | トップページ | 一つの技術の終わり »