フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 問題文が読めない | トップページ | YouTubeの実験ついでに動画巡り »

2017年7月 5日 (水)

プリント演習の効果

今日もテスト前の対策勉強会でした。

提出課題を終わらせてプリント演習をやってもらっていましたが,定期テストで点を取りたいのなら本当はこれよりもワークを何回も繰り返しやった方が効果的です。

なぜなら,プリントの内容は各中学校の定期テストに最適化しているわけではないからです。

プリントの内容は全国の標準的な教科書のレベルに合わせています。それほど難易度は高くなく,用語の確認的な問題が多いですね。

ただ,そういったレベルでも昨日書いたように問題を読み違えるので,必ずしも満点にはなりません。

さらに言えば,数学の一部はワークよりも手間がかかる(難しいわけではないのです)問題が多く,単純にテストに対応しているわけではありません。

また,学校の授業の進度の関係上,テスト範囲はちょくちょく変更になるのですが,そうなるとプリントの全てではなく一部しかテスト範囲に含まれないなんてことも多々あります。

それでもこう言ったプリント演習をしてもらう理由はいくつかあります。

まず,やった量が目に見えやすいということです。テキストやワーク以上に厚みという形で量が見えやすく,直前にこれだけやったという自信につながります。

また,今日は数学は生徒に採点してもらいましたが,理科の方はあえて私が採点しました。そうすることによって間違いから何を確認して欲しいかが,私にとっても生徒にとっても見えやすいのです。これがテキストの場合,私が採点している間,生徒はテキストを使えませんが,プリントであれば提出した後にすぐに次のプリントへ取りかかれます。

今日は私一人の対応だったので,ちょっと大変ではありましたが,大まかにですが一度ほとんどの問題に目を通しているので,私にとっては説明しやすいというのもあります。もっとも教科書の改訂で問題の入れ替えが進んでいるので,またやり直しは辛いなぁ。

テキストの方がコストパフォーマンスは良いと思うのですが,プリントは恒常的ではなくこういった一時的に量を視覚化したいときに効果的だと思います。

さらにそれを紙ファイルなどでまとめていくことで,自分の勉強量をより意識できるでしょう。

テキストとプリント,うまく使い分けていきたいものです。

それではごきげんよう。

« 問題文が読めない | トップページ | YouTubeの実験ついでに動画巡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/71059835

この記事へのトラックバック一覧です: プリント演習の効果:

« 問題文が読めない | トップページ | YouTubeの実験ついでに動画巡り »