フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« クラシック音楽つれづれ | トップページ | NOW2017CD課題曲インプレッション »

2017年7月 1日 (土)

不安定な天気から思い出したライトノベル

ようやく梅雨らしく雨が降ってきたかと思えば,まるで帳尻あわせのように土砂降りでしたね。

今日は一度七尾校に行ってからの穴水校だったのですが,七尾では放送で通行止めの案内がされたり,生徒が学校からなかなか帰れず遅れてきたりしました。

穴水に移動するころにはすっかり落ち着いていたので,結果的に傘をささずにすんでラッキーでした。

もっとも明日もかなり不安定でかつ湿度が高いため,かなり不快な環境になりそうです。

2日も前線の活動活発 北陸など大雨か

しかし,宮崎では35度を記録したという話もありましたから,列島全体読めない天気ですねぇ。

本来,「春の嵐」ではないですが,3月から5月にかけての方が天気的にはよく変わるはずですね。自然というのは全く読めないものです。

こういった不可思議な天気の変化を見るたびに思い出すライトノベル作品があります。

気象精霊記

ちょっといろいろあって打ち切りになってしまったのですが,現在作者さんが自費出版でKindle版を販売しています。

地球が精霊によって管理されているなか特に気象を扱う精霊たちの話です。作者が理工系の出身らしく,かなり理詰めの作品です。うんちくも多いので,人によっては拒否反応を起こすかも。

作中では台風のコントロールなどのシーンも面白いのですが,酒飲みの宴会もやたらめったら繰り広げられています。作者はどうもそうとう相当なお酒好きなのではないでしょうか。

うんちくがもっとすごいのはこちらの作品でした。

これ私が思ったよりも当時は売れ行きが良かったようで結構巻数を重ねています。私も全巻リアルタイムで購入していましたが,今考えると何で売れていたのかよくわかりませんねぇ。なにせ怒濤の知識垂れ流し小説でしたから。ちなみに知識をしゃべりまくる主人公は表紙のピンクの髪の女の子です。

今の学生に読ませてみたらどんな反応しますかね。速攻で拒否反応が出そうです。

そうそう2016年の台風10号でしたか,北海道の農業に大打撃を与えた大きいものでしたが,その動きがあまりにも変で,そのときも気象精霊記を思い出しましたねぇ。

どう見ても普通は上陸するとは思わない,不可思議なルートを通っています。

天気は地学の分野に属しますが,高校では地学を基本的に学ばないこともあって知識は中学で止まっていることが多いのではないでしょうか。

基本的には観測に基づく統計で予測するもののようですが,上の台風10号のようにイレギュラーが多すぎるようにも思えます。天気予報が当たらないのは当たり前なのかもしれませんね。それでも気象衛星のデータやスーパーコンピューターによる解析のおかげで私たちは大まかには先の天気を知ることができます。それだけでも災害に対する準備などを考えるとずいぶん違うと言うことでしょう。

以前貼った気象衛星ひまわりの動画も見てもらえたらわかりやすいかもしれません。

もう一度貼っておきます。さすがに古さを感じる動画の作りですが,気象衛星の役割が端的にわかる良い動画だと思います。

今は天気も落ち着いていますが,本当に明日も大雨なんですかねぇ。心配です。

それではごきげんよう。

« クラシック音楽つれづれ | トップページ | NOW2017CD課題曲インプレッション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/71022877

この記事へのトラックバック一覧です: 不安定な天気から思い出したライトノベル:

« クラシック音楽つれづれ | トップページ | NOW2017CD課題曲インプレッション »