フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« ゲームのBGM | トップページ | au.comへの変更 »

2017年8月23日 (水)

今日のアイマス

ちょっと夏バテ気味になってきました。あと少しなので,踏ん張りたいところです。

そんな中,予約してあったアイマスのCDが続々届いているのですが,インポートだけしてなかなか聴きこむ余裕がないですね。特に歌ものは塾内では流せないので,ほとんどが車の中か家でになります。

一つはようやく少しつかめるくらい聴くことができました。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 12 命燃やして恋せよ乙女

Tr.01 命燃やして恋せよ乙女

デレステのコミュ内では演歌と言っていましたが,どちらかと言えばムード歌謡曲的な雰囲気だなと感じました。

アイドルマスターシンデレラガールズの音楽を担当する日本コロムビアは,古くは細川たかし,近年は氷川きよしなどの演歌系をたくさん手がけてきた会社だそうで,この曲もディレクションに非常に力が入っていたそうです。

この曲を歌ったユニットは宵乙女という5人のキャラクターによるものです。キャラクターがほぼ20代で構成されているのに対して,声優さんが若手の方が多いのが特徴的ですね。

26・(17)・25・28・26
19 ・ 31 ・25・22・19

上の数字はこの曲がゲームに登場したときの,各キャラクターと声優さんの年齢の対比です。(17)に関しては察してください。まぁ,気になる方は曲名のニコニコ大百科のリンクをたどっていただければ良いかと思います。

演歌のいわゆる「小節」が効いた歌い方を若い方がされているのが面白いです。

ただ,調べてみて知ったのですが,「小節」≒ヴィブラートと思っていたのですが,どうやら違うようです。詳しくはこちらをどうぞ。

演歌-歌唱法

先頃フィナーレを迎えたシンデレラガールズの5thライブツアーでも何度か披露されたそうで,生で聴いてみたかったですねぇ。

Tr.02 マイ・スイート・ハネムーン


キャラクターの佐久間まゆヤンデレとかよく言われますが,私は単に一途さが強すぎる感じのキャラかなーと思っているので,あんまり深読みせずかわいらしい曲だなと感じます。ただ,歌詞の読み込みまではやっていないですからねぇ。考えようによっては深く取れるのかもしれません。

声優の牧野由依さんは4thライブのPVなどを見ると,キャラクターを降ろした感じで歌われる方だなという印象でした。ちなみにこの方東京音大のピアノ科卒で,この曲ではご自分でピアノパートも担当されたそうです。

声優さんあるあるですが,この方もキャラと地声の差が大きいですねぇ。

Tr.03 Lunatic Show


もともとはテレビアニメのBlu-rayの特典でしたが,ゲームに歌唱人数を増やしてイベントで追加されたバージョンです。

この中の星輝子というキャラクターがパンクロック的な曲をよく歌うのですが,これもツーバスが鳴り響くスピード感あふれる曲です。

星輝子役の松田颯水さんはとても歌唱力の高い方だと思います。ご本人はラジオやニコ生などで見る限り緊張しやすい方のように見えるのですが,パフォーマンスはとんでもない高レベルです。

そして同じくらいに白坂小梅役の桜咲千依さんもとんでもない歌唱力の持ち主だと思います。ご本人もキャラクターと同じくかわいらしい方なのですが,実は非常によく通る声の持ち主です。ツーバスの激しいリズムの上にこのかわいらしい声がのるのがアイマスらしいといえばらしいですね。

この曲,私が参加した5thライブツアー大阪公演で,この二人に,さらに二人加えて披露されました。あのブロックこの手の曲が連発されて死にそうになった記憶だけがあります。楽しすぎて記憶が曖昧になってますね。

しかし,バラエティ感あふれるCDですねぇ。作品のらしさもありながら各楽曲の多様性があるのがアイマスらしいなと思います。

他のCDも聴きこめたら,ちょこちょこ書いていきますかね。

それではごきげんよう。

« ゲームのBGM | トップページ | au.comへの変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2303560/71497290

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のアイマス:

« ゲームのBGM | トップページ | au.comへの変更 »