フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

« 2017年6月4日 - 2017年6月10日 | トップページ | 2017年6月18日 - 2017年6月24日 »

2017年6月11日 - 2017年6月17日

2017年6月17日 (土)

怖さや緊張

世の中には,高所恐怖症,閉所恐怖症,暗所恐怖症などの恐怖症と呼ばれるものがあります。どこからが不安障害かというのは精神科医にはともかく,素人には境目がわかりにくいものです。

ただ,重度の方はともかく,私たちが普段軽く口にしがちなものに関しては,怖くない方がおかしいのかもしれませんね。

「私,高所恐怖症なんだよね」などと言ったときに,本当にそうだとは自分でも思っていないような気がします。あくまで,ちょっとした怖さを紛らわせるために言っているのかもしれませんね。

30階建てのビルからの風景とか普通に怖いですし,暗いところもやはり怖いものです。逆に言えば怖くないといっている人は「平気症」と言っても良いのかもしれません。

「怖さ」がわからないから,「怖い」という気持ちが起こらないなんてこともありそうです。

同じような感じで,「緊張」にも種類があるのではと感じています。

私は高校生くらいまでは,ステージでは緊張しないタイプだと思っていたのですが,何のことはない緊張していることそのものに気づいていなかったのですね。

モンキーターンという,ボートレースのマンガで言っていたのですが,「本当の緊張には気づかない」というのにすごく納得した覚えがあります。

緊張しないというのは,おそらく無理なのだろうと考えています。

生徒たちにとっては,テスト本番がまさにそうでしょう。ですから,まず最初に緊張しているのだと言うことを逆に意識してしまった方が良いのかもしれません。

事前にどれだけ準備しても,本番の不安というのは消えることはないでしょう。そうであれば,まず自分の緊張を受け入れること,そして,今の自分の不足を受け入れてしまった方が結果的にリラックス効果を得られるようにも思えます。

脳の短期記憶をより広く使うために,テスト直前に自分の不安を全部書き出してしまい,脳のメモリを広く使えるようにするなんて説もあります。

一見マイナス要素に見えますが,無理矢理なポジティヴ思考は場合によっては,無理をしてしまい逆効果になることもあるそうですから,前向きなのも時によりけりということでしょう。

「怖さ」も「緊張」もそれまでの自分の積み重ねたものを削ってしまう要素です。ですが無理矢理対決したり,目に入れないようにしても消し去ることはできないのではないでしょうか。

そうであれば,「ああ,こわいなぁ」とか,「今緊張している」という事実を過大にも過小にもとらえず,素の状態で寄り添った方が,結果は良くなるように思います。

もちろん,しっかり準備することでそれがやりやすくなるはずですから,いかに普段の姿勢が大事かと言うことですね。

勉強はある意味で一番楽なものでもありますから,そういった姿勢を作っていけるよう生徒たちにも接していきたいものです。

それではごきげんよう。

2017年6月16日 (金)

再発見の面白さ

昨日の帰り道に久々にグスタフ・マーラーの「交響曲第5番」を通して聴きながら帰ってきたのですが,なんだか前に聴いたときよりも音楽の輪郭がよく見えるように感じました。


マーラーの交響曲は基本的に長いうえに,構成はベートーヴェンなどのようにガチガチに固めているわけでもない印象があります。そのためか聴き方としては全体の流れを大まかに捉える聴きかたか,楽章を抜粋して瞬間的なシーンを楽しむような感じに私はなっていました。

ところが昨日は聴いていて,一つ一つの音がしっかりと大きな曲の流れの中にしっかり感じ取れるように思えたのです。

もともとこの演奏は録音,解釈ともに非常に解像度が高く,くっきりとした演奏ではありましたが,この曲に関してはようやく入り口に立てたのかもしれません。

車の中でiPadからBluetooth,FMトランスミッターを挟んだ無線による音ですから,音質的にはお世辞にも良いとは言えません。それでも繰り返し聞いているとこう言った体験があるのが,クラシックの録音の面白いところです。

先日行ったTKWOの演奏会のように,再現の難しい,その瞬間の楽しみはクラシック音楽の醍醐味ではあります。ですが,こういった録音による繰り返しの鑑賞に耐えうるのも,また面白いものです。

そして,その繰り返しの中に新しい発見が見えるのが,面白い。

ライブの演奏会は一つとして同じものはありませんし,どれだけ録音技術が発展してもリアルタイムの空間の体験は再現できないのではと思います。

ですが,録音や映像は私たちにリアルタイムだけではできない様々な体験を与えてくれます。今では当たり前になってしまいましたが,この恩恵は改めて大きいものだなと感じました。

さすがにマーラーはきついですが,こっそりといろいろクラシックを流しておきたいなぁと改めて思いました。これからも続けよう。

それではごきげんよう。

北陸学院高校・中学説明会

もう昨日になってしまいましたが,午前中に北陸学院高校・中学の説明会に行ってきました。

20170615_101414

20170616_000711

毎年のことですが,非常に面白い情報が聞くことができ,私にとって勉強になります。

進学実績などで見た場合,キリスト教系の指定校推薦の割合が高いのですが,近年は一般入試や自己推薦など様々な手法で,大学を目指す生徒が増えています。

留学制度も短期・長期どちらも充実しており,早くから英語教育への取り組みをしてきた成果が出てきているようです。

教科の再編に関しては,四技能化を推し進める英語のことばかりがクローズアップされがちですが,実は他の文系科目も大きく様変わりをする予定です。そこに向けて科目としての国語が再編されることを見越しているようで,論理エンジンを国語の教科書として導入したそうです。

一般入試の教科別平均点も見せていただいたのですが,国語だけが少し低かったのです。もしかしたらなのですが,そのあたりも論理エンジンの導入を後押ししたのかもしれません。

推薦入試に対する学内選抜の指導に自信を持っているためでしょうか,高大接続改革への対応にも自信を持っているようです。

なんだかうまくまとめられませんね。ただ,昨年まで進路指導主任だった教頭先生の熱いプレゼンテーションがいつも強く印象に残るのです。このパワーが北陸学院高校の革新のエネルギーになり,それが生徒にも影響を与えているのかもしれません。

部活で言えば男子バスケットボール,野球部,女子硬式テニスがかなり実績を残しています。寮はないので少し大変ですが,これらの部活で上位を目指した上で,進学もしっかり考えるのであれば十分選択肢に入れて良いでしょう。

また入試で推薦・一般,専願・併願やコースを問わず,400点以上の入学者は3年間の授業料が免除になるそうです。また,推薦入試では,3年次の9教科評定が学校の決める基準を超えれば,やはり3年間授業料免除だそうです。しかも,家庭の収入基準や人数制限がありません。ただし,成績や生活態度次第では取り消しもありえるそうです。

私立だから授業料が高いと敬遠するのではなく,こうやって調べてみればいろいろとやり方はあるものです。特に文系学部への進学を考えるのであれば,能登地区での公立高校とはまた違う環境に飛び込むのも一案ではないでしょうか。

寮に関しても大学にはあるそうなので,そこをうまく使えれば良いのですが。

より詳しく知りたい方はエキゼミにお問い合わせいただいても良いですし,夏休みの体験入学などもご利用になってはいかがでしょう。「なんとなく地元」ではなく,いくつか見定めた上で「やっぱり地元」という選び方が,高校へ進むための気持ちとしては重要なのかなと私は思います。ぜひ一緒に調べてみましょう。

それではごきげんよう。

2017年6月14日 (水)

SNSの広告

Twitterで誰かがリツイートしていたものが,なんとなく自分的に腑に落ちたのでリンクしてみます。

仕事のやり方を個人芸に頼っているというのは,なんとなく自分の中でしっくりきたのです。

これ自体は悪いことではないと思います。ただ,集団の力と思っていたものが,実は一部の人の力の割合が高く,その人たちに負担をかけてしまうことで成立しているのではないでしょうか。そして,それらの個人の力を,自分の力のように勘違いしてしまうことが多いのかもしれません。私などは,個人能力が低いですから典型的な「虎の威を借る狐」と化しやすいので,ちょっと注意して意識しておかないといけないと,自戒しました。

他にもこんなものもありました。

これは私の場合「テクノロジー」を「エンターテインメント・コンテンツ」に置き換えて見るとすごくスッと自分の中に入ってきました。さらに言えば「存在した」「発明された」の部分を,「自分が初めて接した」に置き換えると,よりしっくりきます。

年を取ると受け入れにくいものが増えるということなのでしょうが,私の場合テクノロジーに関しては今でも新しいものに飛びつくタイプですので,これは当てはまりません。

しかし,小説やマンガ,アニメといったオタクコンテンツだけでなく,一般的なドラマや映画,ポピュラー音楽などに関しては,過去の蓄積が多いためでしょうか,徐々に初見で受け入れられるものが減りつつあるように感じます。

どこかで見た話では,人間が自分の年齢の上下10年くらいの社会の文化であれば理解しやすいが,それより離れると理解しづらいという説もあるようです。

Twitterは基本的に見るだけで,Facebookの投稿をリンクしているだけなのですが,たまに見るとこういうものに出会うのが面白いです。

Twitterの良さはやはり短い文で投稿できることなのでしょう。そのため端的な言葉が一人歩きしやすいという側面もありますが,こういった短くまとめられた鋭い意見が見られるのが良いところだとも思います。

Facebookはなんとなく文章だけの投稿がしにくい印象があるのです。しかし,実名が基本であるため,安心してタイムラインを追いかけられる気がしますね。

私の場合Twitterはアニメやゲームの公式アカウントや,声優さんや漫画家,小説家をフォローしているので,量も多く流れがすごい早いので,もう全てを追うことは諦めています。

ただ,塾の場合どちらも口コミ的な広告効果を得ることはできるのではないでしょうか。

Facebookでは広告機能がありますが,自分でやったときにわかりにくいと感じてしまいました。設定を上手くしたら比較的安価ですし効果が上がりそうなのですが。

生徒は実名中心のFacebookにはあまりいないので,広告のターゲット層にするのであれば,保護者や祖父母の世代のタイムラインに出るように設定した方が良さそうです,

Twitterの広告機能は使ったことがないので,よくわかりませんが生徒世代の利用率が高そうなので,そこにハマると強そうです。ということは高校生以上がターゲットにしやすいですかね。中学生はスマートフォンを持っている率が石川県では低そうなので。

LINEが実は一番よくわかりません。

トークの機能以外,私は使ったことがないからなのですが,タイムラインってどれくらい見られているんでしょうね。トークは完全にグループ内だけのものですから,外から広告を出すことはできないので,広告はタイムラインに出るはずです。しかし,私はタイムラインを一切見ないのでどれくらい効果があるのかわからないのです。

さて,エキゼミの場合はどれが一番効果的なのでしょう。また,試していきたいですね。

それではごきげんよう。

2017年6月13日 (火)

ちょっと気になった記事

ニュースアプリで私はマンガに特化したタブを選んであるのですが,その中にちょっと気になったものがありました。

うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

これを見るまで私はディスレクシアという症状を知らなかったので,結構衝撃的です。

私自身そう捉えていましたし,多くの人が考えてしまう可能性が高いのは,「ただの努力不足」と捉えてしまうことです。ですが,それが努力しても改善する部分が少ない,または非常に時間がかかるものであれば,どうなるのでしょう。

さらに言えば,この症状は実は本人が認識していないまま日常生活を送っている場合も多いのだそうです。しかも,一般的に思っているよりもこの症状が出ている人は多いのだとか。マンガの中でも1クラス40人だとすれば3人はいる可能性があるそうですから。

極論,障がいは全て「甘え」とか「社会に出てくるな」という人は一定数います。もしかしたら聞こえが悪いから,表だってそうは言わないだけでそう考えている人も多いのかもしれません。

そういった考えに警鐘を鳴らす意味で,このように公表してもらうのは大事なことなのかもしれません。

ただ,自分や身内が「障がい」を持っていると認めるのは,非常に厳しいものがあるように思います。自分自身気づいていないだけで何かあるのかもと思わず考えてしまいます。

特に英語圏では大きな問題だそうですが,日本人でも他国の言語だとありえるのかもしれません。

素人では難しいですが,読み書きには注意してみていく必要があるということですね。

続きが非常に気になるので,連載を追いかけるか単行本を買うことにします。

それではごきげんよう。

2017年6月12日 (月)

ネットの利用

Dropboxを利用して,いくつかデータを高校生と共有してみました。

意外と大変なのが,最初のアプリインストール後のアカウントの作成です。

最近の生徒はメール自体あまり使わないので,通知を切っていたりします。そのためメールアカウント設定後,最後の登録確認メールに全く気づいていない場合があるのですね。

そこで一つお勧めなのがGoogleのアカウント,つまりGmailを一つ作っておくことです。

Androidの場合は必須なので持っている生徒も多いでしょう。iPhoneでも使っている人は多いのではないでしょうか。

なぜ良いかというと,このアカウントでいろいろなサービスに追加でログインすることができるからです。

ただし,注意点もあります。

Googleアカウントはかなり大量のデータを持っています。中には人に見せるべきではない情報もあるかもしれません。ですから,二段階認証やパスワードをある程度長くしておくなどセキュリティにはある程度気をつけておかなくてはいけません。

どうしても心配なら,Gmailは一人でいくつでも作れるので,そういったログイン用のアドレスを作ってしまうのも一つの手ですね。

パスワードも最近では細かく変えるのは,本人が忘れるだけでクラッキングにはそれほど効果がないと言われているそうです。どちらかと言えば複雑で「長い」方が解析に時間がかかるので避けられるそうです。

このあたりも踏まえていろいろとサービスを使って行くと良いでしょう。

ただ,ここでもう一つ気をつけておくべきことがあると私は考えます。

セキュリティは100%ではないということです。

基本的に情報というのは漏れているものだという前提で動いた方が良いのではないでしょうか。その方が実際に漏れていた際に対応が早くなると考えます。そして,漏れた際の対応の方法も複数準備しておくことで,傷が少なくなるでしょう。

人間,つい自分だけは大丈夫と考えがちです。そうではなく自分がなったらどうしようと思いつく限り対応をしておく方が,結果的に大丈夫になる確率が高いと思います。

私も改めて注意していきたいと思います。

それではごきげんよう。

東京佼成ウインドオーケストラ金沢公演

自宅のパソコンの調子が悪く,12時越えてしまいました。

今日は直前に急遽チケットを取ることができたので,無理を言ってお休みをいただき東京佼成ウインドオーケストラの金沢公演に行ってきました。

Kanazawa2017_001

指揮はトーマス・ザンデルリング。すでに2回ほど定期公演に出演しているのですが,ここ近年のTKWOは吹奏楽とは縁遠かった指揮者をよく招いている印象があります。

ザンデルリングはドイツ人ですがソ連で育ち,ソ連で学んだと言うことでロシアものを得意としているようです。

1曲目はイーゴリ・ストラヴィンスキー作曲「管楽器のシンフォニーズ


ストラヴィンスキーは非常に好きな作曲家ですが,この曲は少々とっつきにくい印象があるかもしれませんね。

基本的に三管編成のオーケストラから弦楽器を取り除いた編成で書かれていて,コラールとリズミックな部分が入れ替わり立ち替わりします。毎度のごとく拍子は複雑で,和声も不思議な音がします。

今回の演奏は,非常に整っていたのですが,ちょっと睡魔が襲ってきて5~6分くらいのところが記憶にありません。

取れた席が前から5列目と前の方だったので,ストラヴィンスキーの不可思議な音の世界に浸ってしまったようです。

20170611_134401

2曲目はアルフレッド・リード作曲「『ハムレット』への音楽」


私はシェイクスピアの戯曲をきちんと読んだことがありません。基本的にあらすじだけしか知らないのですが,いくつかの作品の中でも「ハムレット」は特に登場人物の死亡率が高いような気がします。

リードの作品はいくつかの場面を選んで描いていますが,映像的というわけでもありません。吹奏楽のために書かれた作品ですので,よく鳴ります。吹奏楽って音のでかい編成なんだなと改めて感じますね。それともリードの作品だからでしょうか。

ザンデルリングはこう言った作品に対しても,「吹奏楽だから」と軽く扱わず真摯にアプローチしているように感じました。

休憩を挟んで3曲目はピョートル・イリイチ・チャイコフスキー作曲,大橋晃一編曲「『白鳥の湖』より抜粋」

選曲は「序奏」,第1幕より「情景」「ワルツ」,第2幕より「情景」「4羽の白鳥の踊り」,第3幕より「ナポリの踊り」「ハンガリーの踊り(チャルダーシュ)」「情景」「スペインの踊り」,第4幕より「小さな白鳥たちの踊り」「情景」「終曲」となっていました。

チャイコフスキーの作品は,個人的には吹奏楽へのトランスクリプションは厳しいものがあると思っていたのですが,編曲の良さとTKWOの力で見事に昇華されていました。また,ザンデルリングの解釈もオーソドックスではあるものの芯が通っており,結果として非常に整った美しい演奏になったように思います。

パンフレットには約40分と書いてあり,長さに少し心配になったのですが,全く飽きることなく最後まで楽しみました。

前半に比べて,曲がわかりやすいこともあったのでしょう。最後は万雷の拍手でした。

アンコールはやはりチャイコフスキーの「劇付随音楽『雪娘』より『道化師の踊り』」でした。


これがまた音のでかい演奏で,響きの豊かな県立音楽堂では,オーバーブロー寸前でした。しかし,観客への受けはとても良かったようです。とんでもないテクニカルな曲なのですが,リズムも和声も破綻せず,かつギリギリの一線を越えずにクールさを残す演奏はTKWOの演奏力の高さを最後まで見せつけてくれました。

吹奏楽部の生徒さんも来ていたようですが,意外に県立音楽堂の定期会員のような方も多く,これでプロフェッショナルの吹奏楽の魅力が広がってくれたらと期待してしまいますね。

吹奏楽部の生徒さんは,わりとコンクールのことしか考えていないので,プロの演奏ですらミスのあるなし「だけ」で語りがちです。また,コンクールに関係のない演奏会にはあまり足を運びません。本当はこう言った演奏会にこそ足を運んでほしいものなのですが・・・

さらに言えばプロよりもコンクールの上位校の方を評価したりする生徒さんもいますね。しかし,半年かけて練習した12分の演奏と,そろっての練習は事前に二日くらい,あとは当日のリハーサルで仕上げてしまう約2時間のプロの演奏を同列で評価すること自体がおかしいのではと思います。

あ,なんとなくこれで思いついたことが出てきました。覚えていたらまた整理してブログネタにしますかね。

それではごきげんよう。

« 2017年6月4日 - 2017年6月10日 | トップページ | 2017年6月18日 - 2017年6月24日 »