フォト

コミック

  • コミックダッシュ
    コミックダッシュ! yakumokazuha の所有コミック
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年10月18日 (水)

印刷お願い

塾では様々なプリントを印刷することがあります。

小学生や中学生は良いとして,高校生くらいだとファイルのある場所と方法を教えたら,自分でできるようになって欲しいなぁとは思います。

もちろん,いくつかのPCは自分の使い勝手が良いようにいろいろ設定をいじっているので,簡単にできないのもわからないではないです。

しかし,若い生徒たちの方が順応性は高いと思うんですけどねぇ。

タブレットの方がそういう意味では楽なんでしょうね。

PCではローマ字入力ができなくてハードルが高いという生徒はいそうですが。タブレットだとわりと簡単に五十音入力にできますし,キーボードの配置がPCよりもわかりやすいのはあるでしょう。

もうPCでは複雑すぎるのかもしれませんね。

ファイルの概念自体がもう面倒なのではとも感じます。私にとっては,タブレットやスマートフォンのトップ画面に何でもリンクを置くのが手間がかかりすぎて面倒なのですが,生徒たちにとってはその方が楽なのでしょうか。

塾のタブレットだと,各種動画授業などのリンクはホーム画面に置いてあるのですが,ブラウザのブックマークに入れておけば,全てのタブレットに同期するはずですので,その方が楽だと思います。

しかし,どうやらこうするとブックマーク自体を見つけることができないらしいのです。

私はPCのデスクトップに全くアイコンを置きませんし,iPadでもアイコンをまとめまくってホーム画面の移動を少なくしたがります。

こうすると,生徒たちには探すのが難しくなってしまうようです。まぁ,結果的に私のデバイスを貸すときには,下手に触れない気分になるようである意味セキュリティが高いです。

とにかく印刷にはなんとか慣れてほしいものですね。eトレだと一部の中学生は自分で印刷ができるようになっていますので,システムの問題もあるのかなぁ。

eトレに関しては最近バージョンアップしましたが,私以外の講師の方が使い方がよくわからないかもしれません。私にとっては便利極まりないシステムなんですけどね。

さて,明日のために演習用のプリントを用意しておきますか。

それではごきげんよう。

2017年10月16日 (月)

輪島校テスト勉強中

さて今日明日と輪島校では,輪島中学の二学期中間テストの勉強会です。

基本は提出物をしっかりやって,さらに二回目三回目をやる形にしています。また,理科社会のプリントを出して,やってもらっています。

さらに中1には,国語の文法について簡単に授業をしました。

主語・述語の関係,修飾・被修飾の関係,接続の関係,並立の関係,補助の関係と各品詞の分け方まで,eトレを使って説明してみました。明日には一通り問題演習にも挑戦してもらうつもりです。

自立語では,連体詞と副詞がどうしても難易度が高いですね。ただ,今回の範囲では,用言の活用をやっていません。そのため形容詞と連体詞の見分けとか,形容動詞と名詞+助動詞の見分けはまだ出ないので,まだ楽な方でしょう。

主語・述語の関係や修飾・被修飾の関係なども理由を問われることは基本的にありませんから,なんとなくでも答えることはできるはずです。

ここから,文章の構成や各文の重要度の違いなどを見つけるためのヒントにするには,これらの理由を考えていくことが必要なのですが,いきなりそこまでいくとパンクしてしまうこと間違いなしです。まずは,問題を解いて見分けることに自信を持って欲しいところです。

1年生の理科は,化学,2年生は生物,3年生は,化学と物理ですね。

2年生は,計算などの要素はない単元ですので,しっかり用語や説明を確認しておけばかなり楽だと思います。

1年生は密度や水溶液などの計算が多いので,少し練習しておきたいところです。3年生も記録タイマーなどが要演習ですね。力の釣り合いの作図も簡単そうに見えて,意外なところで間違えるものです。

さて提出物の終わっている生徒はガンガンプリント演習をしていくことにしますか。

理科,社会だけでなく,英語や数学もしっかり用意しておきたいですね。不定詞や一次関数といった重要単元が多いですから。

さぁ,明日もみんなでしっかりやりましょう。

それではごきげんよう。

2017年10月15日 (日)

タバコのつれづれ

私はタバコを吸いません。というより吸えません。

幼い頃に,祖父のキセルをくわえてひどい目に遭ったためでしょうか。タバコのにおいが本当にダメです。狭いところでたばこの煙が充満していたりすると,匂いや煙で不快なだけでなく,目が痛くなったりするレベルです。自分のわがままで良いのなら,たばこなど周りでは吸って欲しくないというのが本音ですね。

だから,たばこを吸う人の気持ちはどうしても理解できません。

父などは大変なヘビースモーカーなのですが,匂いがつくのが嫌なので車の中では吸わないで欲しいとお願いしています。私が思う以上にストレスなのでしょうか,車から降りて休憩した途端に,吸い始めたりもします。

しかし,外で吸ってきたとしてもやっぱり匂いがきついんです。

私は嗅覚があまり鋭くなく,匂いに鈍感な部分があるのですが,その私が気になるレベルというのですから,タバコの匂いというのは相当きついのではないかと思います。

家族だからこそ,こういった無理をいうことができますが,他人にお願いするのはやはり気が引けるものです。

幸い私の周りではタバコを吸う方はほぼおらず,そこに関しては楽をさせてもらっています。

タバコの常習性というのは,ある意味で薬などよりも恐ろしいのではないか,とも感じますね。薬のように目に見える形での症状が出にくいということもあるのでしょうか。このあたりは私が患ってしまった生活習慣病にも通ずるものがあるような気がします。

最近は全面禁煙の場所も増えてきていますので,そういう意味では禁煙自体はしやすいのかもしれません。

ただ,一方でここまでくると逆に愛煙家の人にストレスがかかってしまうのもという心配も少しありますね。

アメリカでの禁酒法
ではないですが,過度に厳しい規制をすると裏で抜け道を探すようになるのでは,という懸念も出てきているような気がします。

なぜこんなことを思ったかというと,オタクのコンテンツは,実はタバコと同じように消し去ってしまいたい人が一定数いるような気がするからです。

タバコが嫌いなのは良いけど,ヒステリックにそれを消し去ろうとすると,反動が大きくなってしまいそうで怖いんですね。

オタクコンテンツは,タバコと同じように理屈ではない,とにかく嫌いだから消したいという人がいるのではと,ずっと感じています。私がさしたる深い理由もなくタバコが嫌いなのと同様,オタクコンテンツを忌み嫌うのに理由は必要ないと感じている人はいるのではないでしょうか。

そしてタバコと同じように,少しでも攻撃する要素があったら鬼の首を取ったかのように,そこをついてくるのではと思っているのです。

ですから自分への自戒も込めて,タバコに関しては自分が嫌だというkとはきちんと伝えたうえで,強制をしないようにしていきたいとは思います。

ただ,父に関しては家族ですし,健康上の不安もありますから,できればやめて欲しいとは思っているんですけどね。でも,禁煙したらイライラしてかえって寿命を縮めそうで,そこも怖いところです。

本当に楽にやめる方法があると良いんですが。現状はそんなものはなさそうなのが,厳しいところです。何かご存じのかたいませんかねぇ。

それではごきげんよう。

2017年10月14日 (土)

続けること

今までブログを始めてから,一応12時まわっていたとしても,一日一回のペースを守っていたのですが,昨日はとうとう途切れさせてしまいました。

体調が悪いときも,手抜きでも良いから一言だけ書くようにはしていたのですが,昨日は寝込んで気づいたら朝になっていました。

残念ではありますが,だからといって書くこと自体をやめてしまうのも馬鹿らしい話です。

上手い下手はともかくとして,継続するというのは何かしらの蓄積を得るものです。これは少なくとも楽器に関して自分の実体験があることが大きいですね。

今はすっかりさび付いていますが,一時期の自分のユーフォニアム演奏の技量はそれなりのものだったと自負しています。もちろん上には上がたくさんいます。ですが今考えてもある程度の安定した音程,比較的倍音を多く含んだ音色,そしてかなり広い音域をコントロールできていたと思っています。

ですが,それは資質があったわけではありません。

結果として長く演奏を続けていたことが,それなりの技量を身につけたのだと後になってからじわりと実感したものです。

それこそ自転車に乗ることが一度できるようになると,それを日常的に使うようになり習熟します。仮にしばらくブランクがあったとしても,それは決して忘れるものではないでしょう。

今の私にとって,音楽自体がそういったブランクはあっても決してなくならない大事なスキルなのではないかとあらためて感じました。

こうやってブログを書いていくことも,文章を書くこと自体の経験値を重ねることで,目に見えずとも経験値は蓄積されていきます。

10年も続ければ,少しはましな文章が書けるような気がしますね。そう考えたらまだ1年半くらいです。書くこと自体面倒になることもありますが,それでも書きたいという気持ちがあるのですから,下手くそでもまだまだ書いていきたいものです。

そもそも質をどうこう言う前に,それなりの量をこなさなければ何が質の良いものかもわかりません。そして,私にとってまだまだ量が足りないのですね。でも,その量をこなすのが自分にとっては楽しいものなので,なんだか嬉しいです。

勉強でもある程度量が必要です。ただ,どのような量をこなすかは勉強の場合少し考慮する必要があるでしょうね。

漢字の書き取り100回とか,英文の書き取り200回を無意味だとは思いませんが,楽しくないので効率が落ちるようにも思います。

時には難しい問題にムキになって挑戦するのも楽しいですし,無心に英語の長文を分解していくのもある意味楽しいですよ。どちらもパズルゲームみたいな楽しさがありますしね。

また,間違えた問題で自分の解答の間違い探しもある種のゲームと言えます。

こう考えるのは少し変なのかもしれませんね。でもそう捉えられたら問題を解くことが楽しくなるようにも思えます。いかがでしょう。

それではごきげんよう。

2017年10月13日 (金)

沼にはまりに行ってみよう

自宅の母艦PCがまたもやトラブってしまいました。

再起動がなかなか始まらず、らちがあかないので今日はこちらで簡潔にいきます。

アイドルマスターミリオンライブの4thライブのBlu-ray、一日目のダイジェストPVがあがっていました。



今回は情報ゲット次第ララビットで速攻予約したので、安心です。

ララビットはバンダイナムコの公式通販サイトです。

ここの予約は割引がない代わりに特典が結構つくのが良いところです。また、分割支払いにも対応しているので、一括は厳しくても小分けにしたら払える、私のような人間にとっては非常にありがたいです。そのせいかわかりませんが、予約数はかなり少ないので、今回迷い無く予約にいって良かったなぁ、と思います。何せ情報見て、その時間に張り付いて商品ページができ次第突っ込みましたから。

つい先日も武道館で2日間のライブがあったばかりですが、この子たちはどこまで行くのかなと楽しみです。

ちなみに申し込んではいましたが、抽選外れました。ただ、6月のシンデレラガールズのライブにいった際にかなりお金がかかってしまったので、当たるのはある意味怖いものがあります。

年明けには、765ASの単独ライブ、来年6月にはミリオンライブのSSAでの5thライブ、シンデレラガールズもドームライブが予定されています。全部いける人とかいるんでしょうか。いるんでしょうねぇ。羨ましくも恐ろしい。

他にもイベントが大量に予定されています。男性版のSideMまで入れたらとんでもないペースで、イベントやライブがあります。

とりあえず、抽選の申し込みはしておくことにしますか。もっともそのためにはCDや映像を買わないといけません。恐ろしい沼です。ひとまずできる範囲でお金を使うことにしますか。

それではごきげんよう。

2017年10月12日 (木)

中国歴代王朝の歌

今日は諸事情あって久々にまちなか鳳雛塾に顔を出してきました。

テストも近いですし,臨時の講師なのでテスト対策的な授業をしてきました。

国語の文法は本当に苦手な生徒が多いんですね。本当に簡単にさわりを話しただけなんですが,食いつきがすごかったです。

あとはそれぞれの課題の様子を見ながら,詰まっているところをちょいちょい説明していきました。

最後に定番の中国歴代王朝の歌をやって終了です。

比較的知名度が高いのが,「うさぎとかめ(もしもし亀よ)」の替え歌ですね。

殷,周,秦,漢,三国,晋(もしもしかめよ,かめさんよ)

南北朝,隋,唐,五代(せかいのうちで,おまえほど)

宋,元,明,清,中華民国(あゆみののろい,ものはない)

中華人民共和国(どうしてそんなに,のろいのか)

これに合わせて歌うものです。

私のレパートリーだと,他に「どんぐりころころ」と「ああ人生に涙あり(水戸黄門)」がありますね。

これ上の句点の位置を見たらわかるんですが,七五調のリズムの歌であれば何でも合うんですね。

今試しに脳内で「赤とんぼ」をやってみたら,2回繰り返す必要がありましたが,ほぼハマりました。

中国歴代王朝を覚えて何の役に立つか?というと,日本の歴史と比較して同時期に何があったかというのが,非常にわかりやすくなります。

漢の「後漢書東夷伝」の「漢委奴国王」の金印と,「魏志倭人伝」の卑弥呼の「親魏倭王」の金印のどちらが先か,魏が三国のうちの一国としてわかれば一目瞭然です。さらに三国志の知識とかあると,より面白いですね。

ちなみに高校レベルですと「アルプス一万尺」を使ったもっと細かいものがあります。

殷、周、東周、春秋戦国(アルプス一万尺)
 

秦、前漢、新、後漢(こやりのうえで)

魏、蜀、呉、西晋、東晋(アルペン踊りを)

宋、斉、梁、陳、隋(さあ踊りましょ)

五胡十六、北魏、東魏(らんららんらん)

西魏、北斉、北周(らんらんらんらん)

隋、唐、五代十国(らんららんらん)

宋、金、南宋、元、明、清(らんらんらんらんらん)

というものですね。


YouTubeで検索すると,下の方は結構出てくるのですが,上の替え歌のしっくりくるものが意外とないように思います。もっと探したらあるのかなぁ。


これ,そのうち歌ってアップするのもありかもしれません。どうせやるなら,真剣にクラシックの発声でいきたいところです。iPadかパソコンの,ちゃんとした録音用のマイクを買ってもいいかもしれませんね。

でも,私が自分で録音するとなると確実にアカペラでしかできないので,しょぼいかなぁ。ピアノ弾けないものですから。

音痴がばれてしまいますが,やってみようかな。上記の曲以外にハマるのがあったら教えて欲しいところです。

それではごきげんよう。

2017年10月11日 (水)

アップデートと不具合からつれづれ

さてiOS11にアップデートしてからいくつか不具合が起こっていますね。代替アプリが見つからず,ちょっと困っているものもいくつかあります。

不具合で今のところ一番よく喰らっているのが,画面上のソフトウェアキーボードが見えなくなってしまうものです。

理由は不明ですが,とりあえず再起動すると直ります。

これ不思議なことにiPhoneではほとんど起こらず,2台のiPadで頻繁に起こります。

これに関しては基本的にQWERTYキーボードの利用が多いiPadと,テンキーパッド式のiPhoneでの違いがあるのではと推測しています。

最初はATOKが悪さしているのかとも思ったのですが,標準キーボードに切り替えても起こるんですよね。

とりあえずiPadご利用の方は注意してください。なお,先日も書きましたがバックアップからのダウングレードはできなくなっているようなので,アップデートしてしまった場合はほぼ戻せません。まだアップデートしていない方はもう少し様子見をお勧めします。

もっとも,私自身はこういった不具合はあるものとして考えているので,それほどストレスは溜まりません。急いでいるときに出ないと焦ってはしまいますけどね。

それから,代替アプリが見つからずちょっと困っているものにDekaMojiというアプリがあります。

これはその名の通り,入力した文字を画面いっぱいに表示するというシンプルなアプリなのですが,結構重宝していたんですね。

例えば「初期微動継続時間」の「微」の字とか,「金剛峯寺」の「峯」とかちょっと自分で書くのも手間なものを見せるのに楽だったんです。

GooglePlayにはまだあるようなので,iOSだけが開発停止と言うことでしょうか。

また,重宝している学校ネットのアプリでもいくつかが使えなくなっています。

ただ,定番の虫食い漢字とか,なん度?とかは使えるのでありがたい限りです。
400x400bb

400x400bb

400x400bb

ほとんどが無料で使えますので,お勧めです。

ここのアプリは手軽で使いやすいものがそろっています。アプリ学習の導入の一つとして使いやすいと思いますよ。

よく不具合に対して烈火のごとく怒り狂う人もいますが,コンピューター関係なんてバグがあること前提のつもりでいないと耐えられないんじゃないでしょうか。

コンピュータの世界は,私の印象として先行者が非常に有利になる傾向があるように思います。作る側もそうですが,利用する側も良いものを人から教えてもらって,見極めて,とか考えているとおいてかれるんじゃないですかねぇ。

試した結果やっぱりいらないなんてなったアプリも私は山のようにあります。

文句を言うなってわけじゃないんです。自分の思い通りにならないことも含めて,自分で選択したことだと割り切らないと,精神的にきついんじゃないかなと思う次第です。

さて,また次の休みに代替アプリと不具合解消の検索に追われそうです。まぁ,ある意味これも楽しいものですよ。

それではごきげんよう。

2017年10月 8日 (日)

家の前がレースコース

今日は第10回禅の里ロードレースがおこなわれていました。

第10回禅の里ロードレースin輪島

自転車のレースはヨーロッパでは実は非常に人気があるらしく,大きな大会が数多く開催されているそうです。

ロードレース (自転車競技)

ちなみにこれ,れっきとした公式のレースだそうです。

第10回 JBCF 輪島ロードレース

さてこのレースですが,今回で最後ということだそうです。イベントとしては非常にもったいないと思うのですが,いろいろとあるのでしょう。

ただ,個人的にはちょっとほっとしています。

公式サイトのコース図を見ていただいた上で話しますが,実はこのコースのどこかに私の家があります。しかも私の家から抜け出るには,ほとんど迂回路がなかったりします。唯一の迂回路は車の幅一台分くらいしかない,山の中の林道を通った上で,選手が来ていないときに一度コースを横切らなくてはいけないのです。つまり,下手をするとほぼ半日以上家に閉じ込められる形になるんですね。

仕事に行くために,その林道を久々に通りましたが,途中車が落ちるんじゃないかと思うようなところが何カ所かありました。「こんな狭かったか?」と思いながら走りましたね。

基本的に一本道の公道を塞いでレースをするので,コース上の地元民にとっては結構面倒くさいイベントでした。

しかし自転車で走ることを考えた場合,1週約12キロ強のこのコース,ほとんど平らなところがないような気がするのですが,よくこんなコースを走る気になりますねぇ。

私の家の前はかなり傾斜がきつい山でそこまでだけでも1.5キロほど上ってきているのですがさらにその上に3~4キロ登った上で,反対側で一気に駆け下りる形になります。

プロ選手は下るときでもほとんどブレーキを使わずに走ることもあるそうで,その山の傾斜を知っている身としては,想像しただけで恐怖感全開です。

今日の写真をたくさん撮ってあるサイトがあったので,リンクを貼っておきます。

多分傾斜がわかりにくいと思うのですが,実際には車で走っていても傾斜を強く感じるくらい厳しい坂道です。

Jプロツアー第19戦 輪島ロードレース

見直してたら家のすぐそばの写真がありましたよ。

ちなみにロードレースについては,実はニコニコ動画のなかでちょっと知る機会がありました。なぜかアイドルマスター関係の動画なのですが。

ゲームの中にアイドルマスターのキャラクターを入れて,紙芝居のように台詞を入れてストーリーを作るiM@S架空戦記シリーズ というジャンルがあります。この中にロードレースをモチーフにしたゲームを使っている方が何人かいます。その中の一つPiyo Cycling Manager というシリーズです。残念ながら続編はずっと来ていませんが,これでほんの少しロードレースの知識を得ることができました。また,コメントに解説してくれる人がいて,それが異様に詳しかったりするんです。

その中から一つだけ貼っておきます。チームが初めて優勝したときの動画ですね。

ルールも曖昧なのに妙に感動したのを覚えています。

というかアイマス界隈はなぜかこういった面白いことをやる人が多いですね。年齢層も全体的に高めです。

さすがにそこからロードレースを楽しむまでには行きませんでしたが,家の前を走る選手たちを見ると,レースの面白さが何も知らないときよりも強く感じますね。

さて,明日はまた七尾です。さすがにちょっとしんどいですが,あと少し頑張りますよ。

それではごきげんよう。

模試を使って国語授業

なにやら暑い日でした。

昨日が寒かったので,夜は冷えるかもと考えて上着まで着ていったのですが,まったく必要ありませんでした。結果,暑さでかえってへとへとになり帰ってきてから危うくブログ書かずに寝るところでした。

さて,今日は日曜日にあった石川県総合模試の問題を利用して,少し石川県の国語の問題構成の傾向や,記述問題のコツなどを少し話してみました。

特に強調したのは,接続詞の前後でイコールや対立になる部分を意識すること。

「つまり」や「しかし」の意識ですね。

このあたり板野博行さんのゴロゴによる公式がわかりやすい部分があるのですが,実は私はこのゴロゴ式がちょっと苦手だったりします。

かなりきっちり公式化してあるのですが,その公式を利用するために覚えることが多すぎる印象があるんですね。

そのためか,人によっては甘いところもあると言われる出口汪さんの論理エンジンのシステムの方が馴染むようです。

出口さんの論理エンジンでは,もちろん細かい文法などを利用した論理の確定があります。しかし,それを覚えなくとも究極的には三つの基本を意識するだけでずいぶん違います。

イコールの関係
対立の関係
因果関係

この三つを意識するだけでずいぶんと見通しが良くなるものです。

主語・述語の関係や修飾・被修飾の関係,指示語の確認などしばらくやってきましたが,ここで実地になぜそれが必要なのかを意識してもらいたいということもありました。

また,他の科目はともかく国語の解き直しや訂正はどうやったら良いのかわからないのでは,という印象もありましたから,自己採点の後に国語では必ずこうやって欲しいと言うことを言ってみました。

もちろん今日言ったことは忘れてしまうことの方が多いのでしょう。ですから,また次の模試や学力テストなどで,繰り返して言うしかないですね。

昔,自分が学生の時は,どうして先生たちは同じことを繰り返すのかと思っていましたが,人間って忘れるからなんですねぇ。

日本語の文法なんて必要ないと思っている人。気をつけましょう。実は使えるものをわざわざ捨て去っているのかもしれませんよ。

それではごきげんよう。

2017年10月 6日 (金)

バージョンアップとサポート終了

コンピューターの世界ではヴァージョンアップが常におこなわれていますが,結果として古いもので対応していかないものはどんどん切り捨てられていきます。

iOS11では,32bitに対応していないアプリは起動できなくなりました。

これだけなら,バックアップを利用してヴァージョンを落とせば古いものも起動できるのですが,なんとそのダウングレードができないようになってしまったそうです。

アップル、iOS 10.33とiOS 11.0への署名発行を停止。復元によるダウングレードが不可能に

これに関して「古いものを切り捨てるなんてひどい」と思うかどうかは人によるところでしょう。

32bitにしか対応していないアプリの愛用者にとっては,特に堪えるのではないでしょうか。

しかし,私が使っていたアプリでもあったのですが,アプリがStoreに上がった後,様々な事情はありますが,開発が完全に止まってしまうものはたくさんあります。フリーウェアの世界ではちょくちょくあることですね。今回の措置はそういったものを一度ふるい落とす目的もあるのでしょう。

他にもMicrosoft Office の古いものはサポートが次々に終了しています。

延長サポート終了を控える「Office 2007」および「Windows Vista」の速やかな移行を

以前であれば,Officeの入れ替えというのは大変なコストと労力をともなうものでした。しかし,今は定額制のOffice365などがあります。これらはウェブベースでも使えますから,結果的にPCそのもので更新する必要はなくなってきていますね。

MacOSはかなり前からそうですし,iOSもそうですが,Windowsも10以降は基本のOSはかなり前の更新自体は無料で,サービスに無料から追加の有料サービスへの導入を勧めてきます。

ソフトウェアにお金を払うのは,まだまだ世間的には精神的抵抗が大きいのか,なかなかそちらには進まず,古いものを使い続けようとします。

ですが,「自分は大丈夫」と思って古いものを使い続けると,自分が知らないうちにハッキングの踏み台にされていたりする可能性はあります。

コンピューターの世界では新しいものはインターフェイスがマイナーチェンジすることが多く,それによって慣れをリセットされるのを嫌う人はたくさんいます。

ですが,それはいってみれば「慣れ」でしかなく根本的な欠陥ではありません。

少なくとも私は,コンピューター関係では最新のものを使う方が「楽」に安全を確保できると思うのですが,いかがでしょう。

古いものに対する「もったいない」はコンピューターの世界では,かえって危険をはらむのではと考えています。皆さんはどう思いますか?

ちょっと生徒にも聞いてみますかね。

それではごきげんよう。

より以前の記事一覧